日々の事柄に関する雑記帳。

アメリカの国債増発

原油価格の上昇が、インフレ率の上昇につながる。
給与の上昇が、インフレ率の上昇に追いつかないとき、低所得者層の不満に繋がる。
中間選挙に影響する。


住宅着工件数の低下要因。
材木価格の上昇。カナダから輸入
人件費の上昇。大工さん
金利上昇。住宅ローン

中国経済圏の狙い

ドル経済圏からの離脱。
国内の借金がドル建てのため、元のレートをコントロールしたい。

ドル、金利と金

ドルが強いため、金が売られている。
ドルが下がる時が危険。


9月に金利上昇する。
12月の金利上昇はあるだろうか?

金に対する需要がある国=自国通貨を信用していない国
  • 中国
  • インド
  • トルコ

金価格はドルで表示される。
自国通貨がドルに比べて低い。
相対的に自国通貨に比べ、金が高く見える。

金のリバウンドがあるのではないか。

機関投資家の定石

短期金利と長期金利の差を利用する。
通常、短期金利よりも長期金利の方が高い。

例えば、
短期金利1%で100億円借りる。借金と利息101億円
長期金利2%の国債を100億円分買う。国債と金利102億円
差額1億円を原資として、その範囲内で運用する。

現在、イールド・カーブがほぼ横ばいであるため、この定石が働かない。

日銀のETF購入減

公式見解:従来通り

公式見解の解釈
何かの時の保険として機能させる。
例:国内株式市場に、他国経済(例えば中国やトルコ)事情による影響があった場合、影響回避のために介入する。
必要なときに介入できるための手立てとして維持している。

管理人/副管理人のみ編集できます