日々の事柄に関する雑記帳。


生きとし生けるすべてのものは暴力のまで震える
全てのものは死を恐れる
全てのものは生を愛する

人間が攻撃的になる時は、不安、怯えを感じている。
防衛本能が働き、自分以外の人に攻撃的になっていく。=自分を守ろうとしている。

暴力:肉体的なものだけでなく、精神的なもの(プレッシャー、ストレスや不安)も含む。

前提

  • 人を育てることはできない。
 人はロール・モデルに近づこうとして、自分で育つ。
  • 仕事を成し遂げるうえで、独りでやることはできない。→チームを作らなければならない。
 チームの成績はチーム・メンバーの性質、性格、特にリーダーの性格に左右される。
  • リーダーはメンバーとして上司として尊敬される、憧れられる存在になる必要がある。

対策

  • 自分のパフォーマンス、自分の仕事のパフォーマンスを上げることに集中する。
 メンバーを何とかしようとするのではない。
  • 目的、目標の再設定→少し高いハードルを設定する。
 チャレンジが甘いと人はダレる。
 チャレンジすべき目標が低いと、誰かの悪口を言ったり、誰かを攻撃したり、違うところにエネルギーを使う。
  • まずリーダーの性質、性格を良くする。能力を高めるのではない。
 より良き上司になる。→部下よりも能力が高いことを示すのではない。
 上司として効率的な、理性的な、生産的な方法=お互いがより良き性格になること、素直になること。
 みんなの性質、性格を良くすること。=チームの性質、性格をよくすること。
タグ

管理人/副管理人のみ編集できます