日々の事柄に関する雑記帳。

精神科の先生から『自己評価を上げる方法』を教えてもらったから書く

『日記や手帳の1、2行を使って、その日とても簡単に出来る目標をあげて、その通り実行できたら◯をつけてあげる。例えば、会社へ出勤するとか、部屋の換気をするとかそんなレベルでよくてそれを一ヶ月くらい続けたら格段に違ってきます。』

ちなみに、目標としてたことが出来なければ出来なかったで別によくて、日々のコンディションを確認する材料になるって教えてくれました。
今の自分にとって、目標設定が高すぎないか?という確認もできます。
高ければ目標を下げればいいと。

翌日の目標を立てる、と仰ってました。
例えば明日の朝は◯時に起きるとか。そういうことも挙げておられましたよ。
1週間分でもいいと思います♡

目標設定が高すぎないかチェックすることが出来て、出来ること、出来ないことが明確になっていい方法ですね^ ^

この方法のいいところは、怠けてることや、だらけてるわけじゃないのだと、考え直すことが出来るところですね。

目標設定の難易度の問題ではなく、その場で思い立ったことであっても、実行した→出来たということで自分を褒めることに繋がるのがポイントです。
『深呼吸をする』
『トイレを出たら丁寧に手を洗う』
『目をつぶって瞑想する』
日常動作に取り入れられる事でも、効果は感じられると思います。

あと、先生は『極端な話、今日も生きる。って決めてそれを実行するだけでもいい。』と笑っておられました。

実践する上で、目標設定は『その日に自分が必ずやれる簡単な事を二つくらい。』が大切、とのことでした。
設定値が高すぎると、『結局できなかった。自分はダメだ。』に考えがシフトしてしまうから。
それと、もう一度書きますが、『出来ないことは、目標が高い』から、『下げる』のがポイントです。
タグ

管理人/副管理人のみ編集できます