日々の事柄に関する雑記帳。



用語

ABテストスプリット・テスト
A、Bの2パターンを用意し、リリース後の状況を比較する。
BMCBusiness Model Canvas
アイデアをビジネスモデルへつなげるフレームワーク。
MVPMinimum Viable Product
必要最小限のプロダクト。
最小限の価値を検証する機能。
PMFProduct Market Fit
プロダクトとマーケットを整合させる。
コホート何かしらのグループ
コンバージョン目標設定し、達成度合いを計測する。
リファクタリング短く、読みやすいコードへ書き直す。

プロダクト

世界観や哲学が設計、デザインされているもの。

開発手順

リーン・スタートアップのイテレーション
企画仮説
MVP設計
ToDo
デザインペルソナ制作
ワイヤーフレーム制作
モックアップ制作
コードデータ設計
コーディング
テスト
リファクタリング
デプロイ
計測

デザイン

プロセス
ペルソナ典型的なユーザー像ユーザーが好みそうなUIを想像する。
UXスケッチ
ページ遷移→ユーザーの体験
モックアップスケッチの具体化。
Illustrator、Photoshop
コーディング実際に動くものを作る。
HTML、CSS

Googleのページ品質ガイドライン
分かりやすいサイト構造最大5階層
1ページ内のリンク数最大100
キーワードを含める。検索されやすくなる。
独自性他のサイトとは違う。
隠しテキストを使わない。背景色と同じ色のテキスト。
コンテンツを複製しない。他サイトからのコピーはGoogleの規約違反。
ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)
HTML、CSSコーディングでの設計
HTML、CSSの設計=ID、CLASSの設計
ID1ページ中に1つしか存在しない要素。
CLASS1ページ中に複数存在する要素。
UX
利用前予期的UX体験を想像する。
利用中一時的UX体験する。
利用後エピソード的UXある体験を内省する。
利用時間全体累積的UX多種多様な利用期間を回想する。
ユーザービリティ
ユーザーに考えさせない→考えなくても使い方が分かる。
5つの特性
学習のしやすさ一貫性
効率性
記憶しやすさ
間違えにくさ
主観的満足度

コード

言語とweb開発フレームワーク
JavaGoogle App Engine
Spring
Evernote
Twitter
実行速度が速い。
学習コストが高い。
JavaScriptNode.js
jQuery
Objective-CXcode英語を書くようにコーディングできる。→綺麗な英文に忠実。
学習コストが高い。
PerlMojoliciousはてな
mixi
Livedoor
PHPCakePHPFacebook
Yahoo!
web開発に特化している。
PythondjangoGoogle
NY Times, Pinterest
Instagram
Dropbox
RubyRuby on RailsTwitter
Github
Basecamp
Cookpad
Railsを活用することで、迅速に開発できる。

Ruby on Railsの哲学
Convention Over Configuration設定より規約。
DRYDon't Repeat Yourself
同じことを繰り返すな。
プログラミング技術習得法
プログラムを覚える。1週間入門書を読む。
写経
フレームワークを覚える。2週間入門書を読む。
写経。
実際に作り、リリースする。2週間
基本に戻る。3日間
4時間/日、2日間
最初に読んだ本を読みなおす。
写経。
応用3〜5日間応用的な本を読む。
写経。
実際に作り、リリースする。
ブラッシュアップ
コミュニティに参加する。勉強会に出席する。

デプロイ

自動デプロイ
Capistrano
Fabric

計測

AARRR
Acquisitionユーザー獲得
新規ユーザー
初めてユーザーが―訪れる。集客手段が必要
オンライン広告
キャンペーン
イベント
Activationユーザー利用開始
無料ユーザー
ユーザーが会員になる。
Retentionユーザー再訪ユーザーが再訪する。ユーザーとの結びつきを作る。=エンゲージメント
再訪につながる仕組みを作る。
Revenue課金ユーザーユーザーがお金を支払う。施策
ユーザーの痛みを和らげる。
ユーザーが得する。
ユーザーの時間を節約する。
Referralファン・ユーザー他のユーザーへ宣伝してくれる。ユーザーのエヴァンジェリスト化。

アイデアを形にする7つの技法

  1. ビジネスモデル・キャンバス
  2. ペルソナ・デザイン
  3. 顧客開発
  4. プロダクト・マーケット・フィット
  5. リーン・スタートアップ
  6. AARRR
  7. テスティング

ビジネスモデル・キャンバス

desirability
望ましさ
1顧客セグメント 
desirability
feasibility
2価値提案どのような価値を提供するか。
desirability3チャネルどのようにして価値を顧客に届けるか。
desirability4顧客との関係顧客とどのような関係を築きたいか。
viability
実行可能性
5収益の流れどのように収益を得るか。
feasibility
実現可能性
6リソース価値を提供するために必要なリソース。
feasibility
実現可能性
7主要活動価値を提供するために必要な活動。
feasibility
実現可能性
8主要パートナー価値を提供するために必要なパートナー。
viability
実行可能性
9コスト構造価値を提供するために必要なコスト。
key parthners
主要パートナー
key activities
主要活動
value propositions
価値提案
customer relationship
顧客との関係
customer segments
顧客セグメント
key resources
リソース
channels
チャネル(販路)
cost structure
コスト構造
Revenue streams
収益の流れ

顧客開発

顧客開発モデル
  1. 顧客発見
  2. 顧客実証
  3. 顧客開拓→マーケティング
  4. 組織構築

プロダクト・マーケット・フィット

PMFが成立している状態→「今、これがなくなると困る」という状態。
市場の40%が、「今、これがなくなると困る」と感じているならば成功。

PMFが成功しているか?
yesグロースハック
noピボット

リーン・スタートアップ

構築−計測−学習のループ
アイデア仮説
構築する仮説検証
MVP
プロダクト 
計測するコホート分析
AARRR
データ分析する。
学ぶ仮説実証

マーケティング

販売商品から売り方を発想する。
マーケティング顧客が買いたくなる仕組みを作る。
顧客の満足を作る。

AARRR
Acquisitionユーザー獲得インバウンド・マーケティング
ユーザーに自然に見つけてもらう。→Google検索を通じて見つかる。
Activationユーザー利用開始関心を深めてもらう。
無料ユーザー登録、メール・マガジン登録
Retentionユーザー再訪再訪するきっかけを作る。
コンテンツの魅力を高める。
Referralファン・ユーザー紹介しやすい仕組みを作る。
紹介したユーザーが得する仕組みを作る。
Revenue課金ユーザー次のポイントを有料機能で解決する。
ユーザーの痛みを和らげる。
ユーザーが得する。
ユーザーの時間を節約する。
タグ

管理人/副管理人のみ編集できます