裏紙ノート - 20181018 デイトレ反省
TOPIX-0.54%
日経225-0.8%
さわかみファンド-0.85%
ひふみ投信-0.68%

反省と改善のための記録。


24800円のデイトレ損失。
長期投資ポートフォリオのパフォーマンスはベースラインを上回っており、損失は軽微ではあるものの、見過ごすことのできない要素が多い。

これに費やした時間で、他に有意義なことができた。
これで失った金額で、他に有意義な消費ができた。

下落後の反発を狙ったが、その後の変動レンジが想定していた層からシフトした。
レンジが定まったところで、次の瞬間のことはわからない。→デイトレはギャンブル同然ではないか。
部分的な変動レンジではなく、一日の変動幅に合わせた取引をする。→底値、高値を拾うのは難しい。

損切り額を確定しておき、小刻みに仕掛ける。
デイトレは止めて中長期、せめてスイングに切り替える。→現物取引。利息がもったいないので信用取引しない。


10:30までの反発で利確、損切りすることができなかった。
このとき、もっと上昇するのではないかと思っていた。期待していた→欲


15:00まで反発、損失軽減を待ったが、成り行き返済売りが早く、数千円の損失軽減機会を逸した。
待っていれば数千円の損失軽減につながったというのは結果論である。
寛容に考えれば、損失軽減損失は確定なので数千円の損失軽減を気にしても仕方ない。