裏紙ノート - 20190907 ユダヤの商法


ユダヤ人

ユダヤ人の歴史は、旧約聖書以来、昭和47年(1972年)は、5732年に当たる。
20005760
20105770
20205780
20305790
20405800
  • 契約の民
大損しても納期は守る
ユダヤ人契約の民
ユダヤ教契約の宗教
旧約聖書神とイスラエルの民との契約の書
税金国家との契約
税金を払うという約束で、国籍を与えられている。
「人が存在するのは、神と存在の契約をして生きているからだ」
「人間同士の契約も、神との契約同様、破ってはいけない」

儲けはイデオロギーを超越する

  • イエス・キリストはユダヤ人
    • ユダヤ教は一神教。
    • 「神の子」と言う存在を認めない。
    • 自らを「神の子」と称したキリストを認めない。
ユダヤ人がユダヤ人を処刑して、そのために世界中の人々から2000年も迫害され続けた。こんなバカな話がありますか。
  • 共産主義者のマルクスもユダヤ人
資本主義と共産主義の睨み合いも、いってみれば、二人のユダヤ人の思想の対立にすぎません。
キリストもマルクスも、言っていませんよ。どうすれば人間がしあわせになるかという見解がほんのちょっと違っただけです。

価値観の基準はお金

貧乏であれば軽蔑され、下等視される。
  • ユダヤ式会社観
会社を高く売り飛ばすこと。
「死ぬまで稼げ。死ぬまで商売の手を休めるな。」
好成績をあげる会社を作って楽しみ、その会社を売って金を儲けては楽しむ。そしてまた儲かる会社を作って楽しむ。

税金を払ってもちゃんと釣り合うような商売をする。
日本人の言う利益税込みの利益
ユダヤ人の言う利益税引き後の利益
「減らない」ということは「損をしない」ということの最も初歩的な基本
  • 働くために食うな、食うために働け
人生の目的は、おいしいものを心ゆくまで食べることです。
豪華な晩餐
  • 楽しみ
  • 金力支配の象徴→金力を誇示する絶好の機会

食事の時にしない話題
  • 戦争
  • 宗教
  • 仕事
  • 猥談

迫害

  • 金融業と商業
キリスト教徒からユダヤ人へ賤業として与えられた。
  • 忍耐を支える理論
ユダヤ人は2000年の迫害された歴史の中で得た忍耐の積み重ねを決してムダにはしない。忍耐しながらも取るべきものは取るというユダヤ商法をあみ出している。
人間の細胞は刻々と変化し、日々に新しくなっている。だから、きのうケンカしたときのあなたの細胞は、今朝は新しい細胞と入れ替わっている。満腹の時と空腹の時でも考えは違うものだ。私はあなたの細胞が替わるのを待っていただけだ。
  • 忍耐の中から得た楽観主義
人間は変わる。人間が変われば社会も変わる。社会が変われば、ユダヤ人もきっと甦る。
しかし儲からないと分かれば、すぐに手を引いてしまう。→見切り千両


  • 差別には金で立ち向かう
    • 相手が劣等な場合の優越感から生じる差別
    • 相手が優秀な場合の恐怖感から生じる差別
ユダヤ人は、実質的には金銭で相手を征服している。

78:22の法則

±1の誤差がある。例えば、次の比率も原則のうち。
  • 79:21
  • 78.5:21.5
パレートの法則?



正方形と内接円の面積正方形の一辺の長さを10とすると、面積は100。
内接円の面積は78.5。
正方形の面積は内接円によって、法則通りに分けられる。
空気中の成分窒素と酸素の比率が78:22。
人体の水分量水分とその他の非率が78:22。

60点が合格点
  • 78の78%が60.84。
神様や機械には100を求めるユダヤ人も、人間に対しては60点しか求めない

78を相手に商売する。

絶対にまけない売り方

消費者を教育する。
絶対に値段をまけない。
  • まけるくらいなら売らない。
  • 商品に自信があるからまけない。
薄利多売をしない。
厚利多売
  • 希少価値を売る。
  • 文明の落差を売る。
文明の落差=歴史の重み、人智の結晶